熊本市 心地よい自分だけの趣味室

BEFORE
AFTER

矢印のアイコンを左右にスライドするとBeforeとAfterが変化します

図面
2間和室と玄関部分のリフォーム
和室⇒趣味室
使っていない和室を洋室にし、カウンターを設置して趣味室に
和室収納⇒パントリー
見せる収納と、奥には大容量のパントリー
リビング
リビングとの行き来はナチュラルティスとのドア、そして室内窓で区切りました。
和室
洋室側から見ても違和感がないようなスッキリとした建具
和室
ナチュラルテイストの和室には大容量のクローゼット
玄関
玄関ドアは断熱性とデザイン性の高いものに交換。玄関収納もテイストを揃え、収納量も大幅UP。
家族構成 2人家族
カテゴリー 戸建て

リフォームのご要望

  • 趣味のものづくりに没頭できる部屋にしたい。
  • ものづくり用の材料を収納できるスペースが欲しい。
  • 和室は1つ残したいが、和室っぽくないおしゃれな雰囲気にしたい。

わくわくポイント

  • カフェ風の趣味室と、閉塞感を感じさせない大きな室内窓
  • 見せる収納、しまう収納
  • 「和」すぎない和室

施主さまのコメント

趣味でしているものづくりの制作のためのスペースがなく、ダイニングで作業をして、そのためのものが溢れてしまうのが悩みでした。
子供達も独立し、使用していない和室を趣味の部屋にできないかと、リコーデさんに相談しました。
2間ある和室の1つは子供家族が帰省した際に使えるよう、そのまま和室として残しておきたかったのですが、古い和室の雰囲気が好きではないのでどうにかおしゃれにしたいとお伝えしました。
様々な要望にすべて対応して頂き、お陰で思い通りのリフォームができてとても満足しています。
これからは家で過ごす時間ももっと増えると思います。



設計士のコメント

リフォーム前から、ものづくりが大好きな奥様の作品があちらこちらに飾られている素敵なおうちでした。
リビング横の和室を洋室へ変更し、趣味の作業に没頭して頂ける部屋へリフォームしました。
趣味室にこもっている間もリビングの様子は感じられるよう、リビングとの間の壁に大きなカフェ風の室内窓を設置しました。

作業用のものはもちろん、お家の中のあらゆるストックや日用品もすべて1箇所に収納できるよう、趣味室の一角はパントリーに。
部屋側には飾り棚を設け、雑貨を飾るのもお好きな施主様に合わせて、見せる収納としまう収納をうまく配置しました。

和室には縁なしの半畳畳を使用。
ベージュの色味で暖かさを出し、同色系のプリーツスクリーンと洋室用の建具を合わせて、ナチュラル系の和室にしました。
床の間や和箪笥収納の場所は大容量のクローゼットに。
来客用のお布団も十分収納できます。

これを機に、玄関ホールや玄関も一新。
玄関ドアを断熱ドアへ交換し、収納は造り付けのものでスッキリさせました。

一覧にもどる