Date. 2021.09.01

キッチンのリフォームは何ができる?工事内容ごとの費用相場や工期

キッチンリフォームの種類

はじめに、キッチンリフォームの種類と費用・工期の目安について解説していきます。

キッチンリフォームの種類には、大きく分けると

  1. 同型キッチンへの交換
  2. 別型キッチンへの交換
  3. キッチン+内装の交換

の3つがあります。

①同型キッチンへの交換

同型キッチンへの交換は、内装やレイアウトには手を付けず、キッチンのみを交換するリフォームのことを指します。たとえば、I型キッチンからI型キッチンへの交換などがあります。

また、キッチンの交換にともなって、コンロやレンジフード、シンクなどの設備も、お好みのものに変更することができます。

●費用相場

同型キッチンへ交換する場合の費用相場については、キッチンの設備などによっても変わるため一概には言えませんが、おおむね以下の通りです。

  • 同型キッチンへの変更費用:約50~150万円

※上記の費用はあくまでも目安です。交換するキッチンの種類などによって、費用は異なります。

●工期目安

同型キッチンへ交換する場合のリフォーム工事は、「2~4日」程度で完了します。

②別型キッチンへの交換

別型キッチンへの交換は、壁付けキッチン(I型)から対面型キッチンへの交換など、レイアウトの変更を含むリフォームのことを指します。

別型キッチンへの交換によって、キッチン内の動線が変わって使いやすくなったり、対面型キッチンにすることで小さいお子さんの様子を見ながら家事を行ったりできるようになります。

●費用相場

別型キッチンへ交換する場合の費用相場については、交換するキッチンの種類や設備などによっても変わるため一概には言えませんが、おおむね以下の通りです。

  • 同型キッチンへの変更費用:約50~200万円

※上記の費用はあくまでも目安です。交換するキッチンの種類などによって、費用は異なります。

●工期目安

別型キッチンへ交換する場合のリフォーム工事は、「5日以上」の日数が必要です。

③キッチン+内装の交換

キッチン+内装の交換は、キッチンだけでなく、内装の交換も同時に行うリフォームのことを指します。たとえば、I型→L型キッチンへ交換+壁紙の交換や床の張り替えなどがあります。

●費用相場

キッチン+内装を交換する場合の費用相場ですが、キッチンの交換費用に内装交換の費用が上乗せされるイメージになります。ただし、内装交換の規模などによっても費用は変わります。

  • キッチン+壁紙交換:約50~150万円+3~6万円
  • キッチン+床材張替:約50~150万円+6~18万円

※上記は6畳のキッチンを想定しています。
※上記は同型キッチンへの交換を想定した価格です。
※床材の張り替えはフローリングを想定しています。
※上記の費用はあくまでも目安です。交換するキッチンの種類や内装工事の内容などによって費用は異なります。

●工期目安

キッチンと内装を交換する場合のリフォーム工事は、キッチン設備だけでなく内装リフォーム分の工期も必要となるため、「2~6日」程度が必要です。

キッチンリフォーム前に役立つ知識

ここからは、キッチンをリフォームする際に役立つ知識をご紹介していきます。

キッチンの間取りのタイプは3種類

キッチンの間取りタイプは、以下の3種類があります。

●独立型キッチン

独立型キッチンは、キッチンと他の部屋が仕切られており、調理中の煙やにおいが他の部屋にうつるのを防ぐことができるタイプのキッチンです。

●複合型ダイニングキッチン(DK)

複合型ダイニングキッチン(DK)は、キッチンと食事を行うダイニングが一部屋に設置されているタイプのキッチンです。食事後、使用したお皿を台所に持っていくのが楽というメリットがあります。

●複合型リビングダイニングキッチン(LDK)

複合型リビングダイニングキッチン(LDK)は、キッチンとダイニング、そしてくつろぐためのリビングスペースが一部屋に設置されているタイプのキッチンです。家族のコミュニケーションを増やしたい方や、おしゃれなインテリアに統一したい方にニーズがあります。

キッチンの設備レイアウトは5種類

キッチンの設備レイアウト(型)は、以下の種類があります。

●I型(壁付けタイプ)


I型は、別名壁付けタイプとも呼ばれ、キッチン(コンロやシンク)が壁に向かって水平に設置されているタイプのキッチンです。4つの中では最も安価に設置が可能です。

●L型


L型は、壁のコーナーを利用して設置するタイプのキッチンです。I型に比べて調理スペースを広く確保できるというメリットがあります。

●対面型(アイランド型/ペニンシュラ型)

アイランド型
アイランド型
ペニンシュラ型
ペニンシュラ型
対面型には、アイランド型とペニンシュラ型の2種類があります。調理スペースがダイニングの方向を向いているのが、対面型キッチンの特徴です。

キッチン本体が壁から離れているアイランド型のメリットとしては、開放感があることや、家族同士のコミュニケーションが取りやすいことが挙げられます。それに対し、キッチン本体が左右どちらかの壁に接しているペニンシュラ(半島)型は、アイランド型に比べて省スペースで済むなどのメリットがあります。

●セパレート型

セパレート型は、コンロを設置したカウンターを壁面側に設置し、シンクカウンターをダイニング側に設置して対面式にするタイプのキッチンです。対面型を設置するスペースがないご家庭でも、セパレート型であれば限られたスペースで対面型を実現することができます。

キッチンリフォームなら「リ;コーデ」にお任せ


この記事では、キッチンリフォームを行う際に知っておきたい知識として、同型キッチンへの交換、別型キッチンへの交換、キッチン+内装の交換といった種類ごとの費用と工期、キッチンの間取りやレイアウトの種類をご紹介してきました。

キッチンリフォームについてのご相談や、リフォーム・リノベーションをお考えの方は、設計士と直接話しながら進める“大人のリフォーム”で話題の「リ;コーデ」までお問い合わせください。

>>お問い合わせ|リ;コーデ

一覧にもどる